連絡する

ニュース

ホームペー >  ニュース

すべてのニュース

欧州調査交流団によるドイツ訪問

23 4月
2023

2

21月14日、中国製紙協会家庭紙専門委員会主任の曹振雷博士、中国製紙協会家庭紙専門委員会副秘書長/中国紙パルプ研究所有限会社副総経理の曹宝平氏をはじめ、恒安、維達、金紅業、看護佳、新感、曹武国際などの衛生用品企業から計XNUMX名がドイツのKohn Fiber GMBHを訪問しました。


20月XNUMX日の夜、ドイツのKohn Fiber社は歓迎ディナーを開催しました。ケルハイム郡のコミッショナーであるクリスティン・シュヴァイガー氏とドイツのKohn Fiber社のCEOであるクレイグ・バーカー氏が訪問者を温かく迎えました。


2023年は中国製紙協会家庭用紙専門委員会設立30周年です。21月30日午前、曹振雷委員長はキーンファイバーCEOに委員会設立XNUMX周年の記念品を贈呈しました。

訪問は技術交流と生産ライン見学の2つの部分から構成され、Koen Fibers GMBHの新規事業開発者であるIra Frankenberger氏、Natalie Wunder氏、繊維および応用開発者であるDominik Mayer氏が「衛生およびパーソナルケア製品向けビスコース繊維」と題した技術共有を行いました。共有で述べられているように、Koenは使い捨て衛生製品向けの生分解性ビスコース繊維を提供するだけでなく、同社の新開発のビスコース繊維は再利用可能な女性用生理用パンツやベビー用おむつにも応用できます。また、製品の表面層、フローガイド層、吸収芯、底膜など、異なる構造の応用要件に応じて繊維の特性を調整することができ、繊維のサイズや構造の調整、繊維の断面積の改善などにより、製品の性能を向上させながら、製品の持続可能な発展に貢献します。

その後、グループはKoen Fiberの生産工場を訪問し、持続可能な繊維生産に適した閉ループプロセスについて学びました。


Kohn Fibers GMBH は、特殊ビスコース繊維の世界有数の生産者であり、完全に生分解性の AHP 特殊ビスコース繊維という革新的なコンセプトの先駆者であり、数々の賞を受賞しています。


Koen Fiber 製品は、PEFCTM または FSC© 認証を受けた 100% 木材パルプから作られており、完全に生分解性です。多くの最終製品で石油由来の材料に代わる環境に優しい代替品として、製品の性能を維持または向上させます。すべての製品はドイツ製で、生産プロセスは厳格なドイツの環境規制に準拠し、閉ループ コンセプトと効率的な工場運営を使用して貴重な資源を効果的に節約します。同社は、EMAS 認証を受けた環境管理システムを備えた世界初のビスコース繊維メーカーです。


前の

国際家庭紙展示会

すべて 次へ

なし